学科紹介

学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 集積機能デバイス工学講座

集積機能デバイス工学講座

めざましい発展を続ける電子機器、情報システム、通信ネットワークは、半導体をはじめとするさまざまな電子材料の特性を利用した電子部品(デバイス)で構成されており、その高度化は重要な課題です。
本講座では、集積回路の基本要素である半導体デバイス、様々な機能を持つセンサデバイス、電力の変換と制御を行うパワーデバイス等の新たな機能や高性能化を目指すとともに、これらによって構成された電子回路やシステム等の研究開発を行っています。

  • 半導体デバイス、大規模集積回路(LSI)設計、コンピュータシミュレーションを柱とした、LSIの基本デバイスの高機能化・高密度化と新機能デバイスの研究。
  • 様々なセンサデバイスの高機能化や高性能化、新機能センサ、センサの信号処理回路、さらに高度なセンシングシステム等の研究。
  • エネルギーを変換するパワーデバイスの小型化、省エネルギー化、高速化、さらに制御システムと組み合わせたパワーエレクトロニクスシステムの研究。
マイクロマシン技術とLSIの組み合わせによる新しい加速度センサの試作品

マイクロマシン技術とLSIの組み合わせによる新しい加速度センサの試作品

コンピュータを用いたLSIの設計の様子

コンピュータを用いたLSIの設計の様子

試作したLSIマイクロチップの測定・評価の様子

試作したLSIマイクロチップの測定・評価の様子

当研究室で設計・試作したLSIチップの顕微鏡写真

当研究室で設計・試作したLSIチップの顕微鏡写真

学科紹介

PAGETOP

富山県立大学工学部 電子・情報工学科

ホームお問い合わせ