学科紹介

学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 電子・情報工学科について

電子・情報工学科について

電子・情報工学科では、「人間に優しい高度情報システム」の実現を目的とした電子・情報工学の基礎および専門教育、研究を実践します。ITを豊かな人間生活の創造に役立てることをめざし、情報と通信を融合させた人間支援のための情報ネットワークづくりに取り組んでいきます。

電子・情報工学科 鳥山 朋二 教授

電子・情報工学科 鳥山 朋二 教授

講座紹介

情報基盤工学講座

情報基盤工学講座

身近だけれど複雑で難しい問題を解くアルゴリズムの開発、電子情報システムを効率良く運用する手法、システムの信頼性や安全性を高めるための理論と手法の構築等、数理の力を用いて情報技術の本質を進歩させる研究を行います。

情報システム工学講座

情報システム工学講座

機械学習をはじめとする高度情報処理技術により、多数のセンサや機器・端末から得られる膨大な情報を処理し、ヒト・モノおよび周辺環境に関する情報を解析します。情報システムにつながる人々の生活支援技術など、人間の役に立つ情報技術について研究開発を行います。

講座詳細へ

集積機能デバイス工学講座

集積機能デバイス工学講座

高度な電子情報技術に不可欠な、高機能で高性能な電子部品(デバイス)の開発を目指します。特に、集積回路などの半導体、様々な物理的な計測のためのセンサ、効率良くエネルギーを変換し利用するパワーエレクトロニクスの研究を行います。

講座詳細へ

電子通信システム工学講座

電子通信システム工学講座

安全安心で快適なネットワークシステムを実現するため、ブロードバンドネットワーク、無線ネットワークなどを構成する無線応用技術、システム制御技術、信号伝送技術の基礎と応用に関する研究を行います。

電子・情報工学科へのよくある質問

これからの社会で、どんなことに役立つ分野ですか。

囲碁の人工知能「アルファ碁」の開発などはニュースにもありますが、基本的には目立たない分野です。携帯電話などの機能がよくなっているのは、電子・情報分野の通信やデバイスなどの新技術の発展があってこそですが、一般の方は意識しませんよね。
「繊維映像をもとに高速で布のキズ、ほころびを検出する」、「高齢者の寝たきりを防ぐために転びにくい歩行器を開発する」など、あらゆる分野で道具などを「便利」にすることに関わり、社会の問題を解決していきます。

富山県の産業や地域とどんな風に関わっていますか。

多くの県内企業との共同研究があります。例えば、射水市内でバス会社と利用者のメリットを最大化するアルゴリズムの研究を行い、利便性の高いバス運行経路の決定に役立てています。
また、当校は、文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(COC)」に取り組んでおり、学生と一緒に地域の課題解決に関わらせてもらっています。課題は、歴史や人の思いなどが絡み複雑で、論理的な提案だけでは通用しないこともあり、学生たちは多くのことを学んでいます。

ゲームソフトやホームページは作りますか。パソコンが使えないとダメですか。

プログラミングやアルゴリズムを学ぶために、ゲームソフトやホームページなどを作る場合もあります。当学科はパソコン必携ですが、高校生までパソコンに触れる機会があまりなくても大丈夫です。高校の授業の内容を理解しておきましょう。特に関係が深いのは数学と物理です。ただ、研究になると世界が相手ですから英語も大切。プレゼンテーションなど、自分の考えを言葉で表現する能力も必須ですから、国語も頑張ってください。

学科紹介

PAGETOP

富山県立大学工学部 電子・情報工学科

ホームお問い合わせ