入試情報

入試情報

ホーム > 入試情報

電子・情報工学科 入試情報

工学部入試・基本情報

富山県立大学工学部電子・情報工学科には、入試に合格することで入学できます。入試には推薦入試、一般入試(前期日程・後期日程)、外国人対象の私費外国人留学生入試、があります。また、他大学や高等専門学校に在籍する人を対象とする編入学試験も実施しています。多様な人に入学してもらうため、それぞれの入試で異なる方法によってアドミッション・ポリシーに合った人を選抜します。学科の定員は80名です。

各入試の出願方法、出願資格、実施時期、試験内容、募集人員の詳細については以下のリンクをご参照ください。

富山県立大学のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

次のような心構えや意欲を持った学生の入学を希望します。

  1. 自然科学に興味を持ち、科学技術の基盤となる理系の基礎学力がある。
  2. 困難な問題に直面しても、問題の解決に向けて努力しようとする。
  3. 自分で考え、自分の言葉で表現しようとする。
  4. 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して社会に貢献したいと思う。

電子・情報工学科のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

電子・情報工学科では、特に次のような学生の入学を希望します。

  • 人間に優しい高度情報社会の実現に向けて、コンピュータと情報ネットワークの高度化、豊かな情報メディアの構築と信頼性の高い情報通信システムの開発に情熱を持つ人

工学部入試・その他の情報

名称変更前の学科である情報システム工学科の推薦入試、一般入試、私費外国人留学生入試を合わせた競争倍率は、下の図のように推移しています。最近数年間は4~5倍というところでしょうか。

推薦入試、一般入試、私費外国人留学生入試を合わせた競争倍率

平成24年度と25年度の当学科入学生について、出身高校の所在地を調べたところ、下の図のようになっていました。富山県内や近県の人が多いですが、遠くの県から学びに来る人も少なくありません。

出身高校の所在地

さらに詳しいデータについては以下のリンクをご参照ください。

大学院工学研究科情報システム工学専攻 入試情報

大学院入試・基本情報

富山県立大学大学院工学研究科情報システム工学専攻では博士前期課程と博士後期課程に入学する学生を募集おり、入試を実施しています。入試には一般選抜、外国人留学生特別選抜、社会人特別選抜があります。いずれの入試方法でもアドミッション・ポリシーに沿って合否を判定します。

各入試の出願方法、出願資格、実施時期、試験内容、募集人員の詳細については以下のリンクをご参照ください。

富山県立大学大学院のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

次のような心構えや意欲を持った学生の入学を希望します。

  1. 専門分野における基礎学力を備え、最先端の知識や技術を学ぶ熱意がある。
  2. 幅広い視野をもって、新しい技術課題や研究課題にチャレンジする意欲がある。
  3. 自然・環境を大切にし、高度の専門技術者あるいは研究者として、地域及び国際社会に貢献しようとする意欲がある。

情報システム工学専攻のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

情報システム工学専攻では、特に次のような学生の入学を希望します。

  1. 高度情報化社会の発展に必要となる、通信ネットワーク技術、コンピュータ技術、それらを活用する情報メディア技術に関して、高い専門的能力を身につけ、最先端の課題に意欲的に取り組む人。

大学院入試・その他の情報

大学院入試に関するデータについては以下のリンクをご参照ください。

入試情報

PAGETOP

富山県立大学工学部 電子・情報工学科

ホームお問い合わせ